MENU

シースリーは剛毛にも効果が!

脱毛サロンで使われている脱毛器は大きく分けると、S.S.C脱毛とIPL脱毛の2種類があります。
S.S.C脱毛は、痛みが少ないことが大きな魅力のひとつで、ジェルに反応する脱毛光を照射するため肌にダメージを受けにくいといわれています。
それに比べてIPL脱毛は光エネルギーを使用する脱毛方式で、メラニン色素に反応し毛根に直接ダメージを与えることで毛の抜け落ちを促進させます。
聞いただけでもわかると思いますが、S.S.C脱毛に比べると痛みが多少あります。日本で最初に利用されていた脱毛方法で、もともとはシミなどの治療に利用されていました。出力は医療レーザーよりは低めですが、光脱毛に比べて威力があります。

 

多くのサロンがS.S.C脱毛器を採用する中、シースリーはIPL脱毛器を採用しています。
IPL脱毛器を使っているのは他には銀座カラー。シースリーも銀座カラーも、痛みが多少ある、という口コミが見られるのはこのためなんですね。
とはいっても、パチンと何かにはじかれた程度の痛みなので、実際はS.S.C脱毛の痛みと区別がつかない程度です。
それなのに、IPL脱毛は結構威力があるので、剛毛でもうぶ毛でも、どちらにでもしっかり効果を発揮してくれるのが特徴です。

 

IPL脱毛は特にVIOにおすすめ!

IPL脱毛は特にVIOにおすすめとよく言われていますよね。
シースリーでもVIO脱毛は人気ですが、なぜIPL脱毛はVIOに人気なのでしょう?
痛みが多少あるため、不向きなような気がするんですが、実は毛の質の問題だったんです。

 

IPL脱毛は、剛毛には特に効果が発揮できるといわれています。
メラニン色素に反応するため、色素が濃い=濃い毛の部分に非常によく反応する、ということなんですね。
VIOやワキの毛は剛毛な毛質のため、より強い脱毛効果を与えることができるということ。
ジェル脱毛に比べると、直接色素に効く分、毛が濃い方がIPLは威力を発揮するわけなんです。

 

シースリーが採用するIPL脱毛の効果とは

IPL脱毛の特徴をおさらいしましょう。

・照射範囲が広いので短時間で済む
・メラニン色素に直接反応するため剛毛に効果あり
・S.S.C脱毛より多少痛みを伴う
・毛穴に効くため毛の質や量に関係なく脱毛可能

S.S.C脱毛器が多い中、IPL脱毛を採用しているサロンはほかには銀座カラー。
どちらもVIO脱毛に強いイメージがある脱毛サロンですね。
実際は、濃い毛だけでなくうぶ毛などの細い毛にも関係なく効果を発揮するのがIPL脱毛なので、脱毛効果をしっかりと感じたい方はIPL脱毛がおすすめ。

 

逆にデメリットもあります。

・乾燥肌の方はやけどしやすい
・毛根の位置が深い場合は効果を感じにくい場合も
・医療レーザー脱毛に比べると時間がかかる

期間がかかるのは、医療レーザー脱毛でない光脱毛ならどれも同じですが、乾燥肌の方にはS.S.Cのようなジェルタイプの方がお勧め。
IPL脱毛は直接肌に光をあてるため、多少やけどのリスクが上がるということも報告されています。
乾燥肌の人は、無料カウンセリングの際に確認し、目立たないところでまずはお試し脱毛してみましょう。